レンジ相場

レンジ相場
高値と安値が一定の範囲内で上下動を繰り返す相場のことです。レンジ(range)とは変動する「範囲、幅」という意味です。

たとえば、日経平均株価が1万200円から1万500円までの推移が数日続いたとき、あるいは円/米ドルの為替が81円半ばから83円前半までの範囲が数週間続いたときなど、「レンジ相場に入った」「いまレンジ相場だ」などと使われます。相場に影響を及ぼす可能性のある好材料(あるいは悪材料)や世界的な政治経済のニュースが乏しいとき、先行きが不透明で上下ともに動きづらいときなど、レンジ相場になりやすいと言われます。この時値幅は上下動を繰り返す状態になるので、上がった後は下がり、逆に下がった後は上がることが予想できます。

チャート上では、上値抵抗線と下値支持線に挟まれた値幅の範囲内で、波状に値動きが推移する形になります。レンジ内での値幅の上下を繰り返すため、値動きが把握しやすく、売り買いのタイミングをある程度予測することができます。レンジ相場のときは、逆張りをする(相場が悪いタイミングで買い、相場が回復したときに売る)と利益が出やすいと言われます。ただし、新たな材料やニュースが出て、相場が急変、レンジ相場が終わることも十分想定して対応する必要があります。

値幅の上限と下限が一定の箱(box)内に収まっているように見えることから、「ボックス相場」とも言います。逆張りはトレンド相場では大損となる可能性もあることから、ボックス圏相場であることを見極めることが重要になってきます。この見極めは非常に難しいと言われていますが、DMI(方向性指数)などを参考にすることも有効な手段のひとつとされています。

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading