当座比率

当座比率
企業の短期の支払能力を判断する指標です。英語でAcid Ratioと言います。

企業の流動資産に対する当座比率のことです。当座資金÷流動資金×100で算出します。当座資産は、現金や預金、受取手形、売掛金、有価証券などがあります。また、流動資産には商品、製品、半製品、仕掛品など棚卸資産も含まれます。

企業の短期の支払能力を見極める指標としては、当座比率と流動利率があります。より厳しく支払能力を見ていく場合は、すでに資金化されている現金や預金、すぐに現金化できる受取手形や売掛金、有価証券などの当座資金がポイントになってきます。流動資産に含まれる棚卸資産の中には回収まで1年以上を要するものもあるため、短期の支払能力としては十分ではないと判断されます。よって、指標としては当座比率にウェートが置かれます。

当座比率は100パーセント以上あることが望ましいとされています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading