クオンツ運用

クオンツ運用
コンピュータによる数理的な定量分析に基づく投資信託運用のひとつです。

クオンツ運用は、コンピュータによる数量的な分析に基づく運用で、過去の実際の株価がどのように変動しているかといった、株価の変動要素に関するデータに基づいたプログラムをあらかじめ設定し、そのプログラムによって今後値上がりしそうな銘柄を選定していく方法です。高度な数学的テクニックを用いて、経済情勢やマーケットなどのデータをコンピュータで解析し作られた数理モデルに従い運用する投資方法です。あらかじめ決められたプログラムに基づいてポートフォリオ(運用資産の構成状況)を動かすような運用のため、システム運用の一種とされています。

クオンツ運用は、機械的なシステムによって運用が行われることが大きな特徴であり、銘柄選定に人間の相場感などが影響を受けないことは評価されているが、弱点として、クオンツ運用は過去のデータに基づいているため市場環境の変化に弱い、真似されやすい、運用ルールに柔軟性がないという点があげられます。

 

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading