プットオプション

プットオプション
金融商品を将来の一定期日までに、一定価格で売る権利を売買するオプション取引のことです。

オプション取引には、コールオプションとプットオプションの2種類があり、オプション売買は、「コールの買い」、「コールの売り」、「プットの買い」、「プットの売り」の4種類があります。オプション取引とは、デリバティブのひとつで、株式や通貨、債券、金利などの原資産において、あらかじめ決められた一定価格で「買う権利」あるいは、「売る権利」を売買する取引のことを言います。プットオプションの買い手は、売り手に対してオプション料を支払う代わりに対象となる(金融)商品を一定の価格で売ることができる権利をもらいます。一方、プットオプションの売り手はオプション料を受け取る代わりに、権利行使に応じなくてはいけません。プットオプションは買い手が一定のオプション料を支払うことにより、株価が下落した時に収益を得ることができ、売り手は値下がりリスクを負う代わりにオプション料を手に入れることができます。

プットオプションを行使できる日が満期日となっているものを「ヨーロピアンタイプオプション」、行使期間中であればいつでも行使可能なオプションを「アメリカンタイプオプション」と呼びます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading