サイコロジカルライン

サイコロジカルライン
チャート分析で、過去12日間の市場の騰落から先の値動きを分析する際に使うものです。英語ではPsychological Lineと言います。

過去12日間で、市場価格が上がった日数の比率から、買われすぎか売られすぎかを数値化したものです。投資家の心理状態を簡単な数式から読み解こうとするものです。12日間の中で前日比プラスの日数÷12日間で算出します。12日の間にある銘柄の株価が9日上がり3日下がったら「買われすぎ」、3日が上がり9日が下がったら「売られすぎ」と判断します。投資家の中には、これらを「9勝3敗」「3勝9敗」と言う人もいます。

たとえば、ある銘柄の株価が10日連続で上がった場合、翌日の投資家に「そろそろ下がるだろう」という心理が大勢を占めると、売り先行の相場となり、株価は下がる可能性があります。その転換点がサイコロジカルライン、75パーセント以上で買われすぎ、25パーセント以下で売られすぎにつながると言われています。しかし、この指数がたとえ75パーセントを越えたとしても、必ずしも実際の株価が下がるかどうかは他の要因も含めて総合的に判断する必要があります。

サイコロジカルラインをベースに上昇幅、下落幅を取り入れた指数にRSI(Relative Strength Index)というものもあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading