利益配当請求権

利益配当請求権
会社の利益に応じて利益の一部を配当金として受け取ることができる、株主の権利のひとつです。

利益配当請求権とは、会社法においては「余剰金の配当を受ける権利」と定義されており、企業の株主が持つ自益権のひとつです。配当については、取締役会において配当の有無や金額を決め、それを株主総会において承認されることで正式に決定します。企業業績が向上することによって利益配分としての配当も増加し、株式分割が行われる機会も多くなります。配当が行われる会社は、会社の業績が向上していることを表しているため、投資家からも注目を集め投資価値が高まります。このため長期投資を行う場合などには、利益配当請求権は重要となってきます。

会社は必ず配当金を出す必要があるわけではないため、利益が無い場合や内部留保に利益を回す場合などは無配当となることもあります。なお、株主はが利益配当請求権を得るためには、権利確定日の大引けまでに約定して実質株主として登録をする必要があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading