利含み

利含み
経過利子を経過利子として受渡しせず、その分を単価に上乗せして表記する方法のことを言います。

経過利子とは、既発債の売買を行う場合に、買い手が前回利払い日の翌日から受渡日までの経過日数について、日割りで計算された利息相当分を売り手に支払う際に発生する利子のことです。通常、利付債には経過利子が売買価格に含まれない「裸値段」が基本となりますが、利含みの場合には経過利子が売買価格に含まれ、その時の経過利子分を含んだ価格を「利含み値段」と言います。利付債での経過利子は、利払方法が後払い形式であることから、債券の売り手は前回の利払日の翌日から受渡日まで債券を保有しているにもかかわらず、利払い日が未到来となり、受け取ることができなかった利息のことになります。

利含みの反意語を「利落ち」と言います。利落ちとは、債券の受渡日がその債券の利払日にあたり、その約定によって経過利子が発生しない状況のことを指し、このため利落ちの場合は経過利子のやりとりがありません。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading