株価売上高倍率

株価売上高倍率
企業の価値を売上高との関係から見た指標で数値化され、企業の時価総額を年間売上高で割ったものを株価売上高倍率といいます。英語ではPrice To Sale Ratioと言い、これを略して『PSR」と呼ばれることもあります。

株価の水準を見る指標は他にも、株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)、株主資本利益率(ROE)などがありますが、株価売上高倍率(PSR)は、新興成長企業(売上高増加が株主の価値の増加につながる可能性が高い)の株価水準の妥当性を見る時に活用されることが多いです。ITバブル全盛の時代に、PERだけでは判断できない株価についてPSRを多用した結果、投資評価の指標としては疑問視する声が高まっています。

株価の売上高が同等の時、株価売上高倍率が高ければ高いほど、株価は割高と判断されます。反対に株価売上高倍率が低ければ低いほど、株価は割安と判断されます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading