推定相続人

推定相続人
民法上、被相続人が死亡した時点で最優先順位にくる法定相続人のことです。

相続の時点で第1順位が存在する場合には、配偶者と子どもを指します。第1順位がいない場合は、第2順位となる直系尊属が、第2順位もいない場合は、第3順位の兄弟姉妹がなる可能性があります。

推定というのは、廃除やその他の事由によって上記の相続人全員が最終的な相続人となるかどうかわからないからです。相続の廃除とは、被相続人の意思によって特定の相続人の相続権を失わせることです。たとえば、被相続人に対して虐待をした。あるいは重大な侮辱を与えたなどです。相続廃除は、遺留分の推定相続人に対して行うことができます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading