ポイズンピル

ポイズンピル
敵対的買収への防衛策のひとつです。英語でPoison Pillと言います。

敵対的買収が仕掛けられた場合に備えて、あらかじめ既存株主に向けて、行使できるという条件つきの新株予約権を大量に発行しておくことです。新株予約権を行使して株を得る価格は、市場価格より大幅に安く設定されます。

ポイズンピルを行使すると、株の発行総数が一気に増加するので、買収を仕掛けるグループの株式保有率が下がり、同グループが保有率を上げようとすると多額の資金が必要になります。買収意欲を削ぐ目的で導入されます。日本では2002年4月の商法改正で新株予約権を単独で発行できるようになりました。アメリカでは新株予約権付株式を用いて行われます。

ポイズンピルは、買収グループに対しては毒薬を盛る効果がありますが、その一方で、新株発行によって株価が下がり、一般の株主に金銭的な被害が及ぶ可能性もあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading