ペイオフ

ペイオフ
預金保険制度のことです。金融機関の破綻に備えて、預金者の保護を目的として設立された制度です。英語でPayoffと表します。

金融機関が破綻した際、預金保険機構から預金者に一定額の保険料が支払われます。国内に本店のある銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、ゆうちょ銀行などは、預金保険機構への加入が義務付けられています。実際の店舗を持たないネット銀行もペイオフの対象となっています。

ペイオフで保護されるのは、一銀行につきひとつの個人・法人で1000万円までです。同じ銀行に複数の口座を持っている場合は合算した金額で計算されます。当座預金や決済用普通預金などは、ペイオフの対象になりませんが全額保護されます。外貨預金や投資信託であるMRFは対象外です。

たとえば、普通預金に100万円、外貨預金に100万円を預金していた場合、普通預金の100万円は保護されますが、外貨預金についてはペイオフとして保護されません。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading