パッシブ運用

パッシブ運用
市場平均並みの成果を上げることを目的に運用することです。

TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価など特定の株価指数にポートフォリオの資産額が連動するように意図的に運用する「インデックス運用」が、パッシブ運用の代表的なものです。パッシブ運用は、市場平均を上回る収益を目指すアクティブ運用に対して、運用者の判断に委ねず、インデックスに連動することを目指した受動的(パッシブ)な運用スタイルであることに由来します。代表例には、特定のインデックスの動きと連動した投資収益の達成を目指す「インデックスファンド」や「ETF(上場投資信託)」などがあります。

アクティブ運用がリスクが高い分高い収益を見込めるメリットがあるのに対し、パッシブ運用は、運用報酬が全般的に低いものの、個別証券などの調査?分析を行なわないため手数料や運用コストが抑えられリスクは少ないなどのメリットがあります。最近では、年金などの機関投資家の運用方法としてだけではなく、個人投資家においてもETFの普及などによりパッシブ運用への関心が高まってきています。

また、銘柄入替に伴う売買手数料の節約を狙って、成長力がありそうな多くの銘柄に投資を行い、そのまま保有する「バイ?アンド?ホールド戦略」もパッシブ運用に含まれます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading