パリティ

パリティ
転換社債型新株引受権付社債(CB)を、株式に転換する価値から考えた理論価格のことです。

パリティ(Parity)とは「パリティ価格」とも呼ばれ、本来は「同位、同額、同量」という意味になり、新型予約権証券などでも使われる用語です。転換社債は株式と債券両方の性格を持ちますが、パリティは株式としての性格から転換社債の価値を判断する基準のため、転換社債の理論価格と言われます。

パリティの計算式は、

パリティ(円)=(株価÷転換価格)×100

一般的にパリティとは、株価と転換価格が同じ時は「100」となります。100を上回っている状態は株式的価値が高いと判断され、100を下回っている状態は社債的価値が高いと判断されます。通常パリティは株価に連動する性質を持つが、判断は転換社債の価格とパリティを比較して割安か割高かを考えます。ただし、実際に市場で売買されているCBは、パリティとは異なる価格で取引されています。パリティは株価の動きに合わせて変動するため、CBの価格とは常に僅差が生じることなどが主な理由です。

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading