親株

親株
親株(0ld Share)とは、株式会社が増資や株式分割などで新しく発行する株式を「子株」または「新株」というのに対し、すでに発行している株式のことを言い、「旧株」と言うこともあります。

たとえば、1000株保有していた株式会社の株が、1:2に株式分割された場合、2000株に増えたことになり、この場合、もとから持っていた1000株が「親株」よいうことになり、分割によって増えた分が「新株(子株)」となります。

親株と子株の違いは、決算期の配当の違いだけであり、その他は同等の権利を持っています。ただ、増額融資の期日によって支払い配当金(直近の)の額が違ってくることがある場合は、株式売買の際も区別して行われます。これは、親株と子株では会社経営に稼働した日数が異なるためで、期末の配当が日割り計算で親株より少なくなる場合は、子株と親株は決算期が終了するまでは、別の銘柄として売買されることになります。しかし計算期をこえると、子株と親株の差異はなくなり、同一の扱いを受けます。

増資後に親株と子株が別々の市場で上場されている場合は、配当金の差か、時にはそれ以上に子株が安い状況になることがあります。こういう時に親株を売って子株を買えば、手数料を引いても値ザヤを稼ぐことが可能になり、これを「親売り新買い」と言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading