オシレーター

オシレーター
オシレーター(Oscillator)とは「振り子」という意味で、株式市場において相場がある一定の範囲を振り子のような推移(買われ過ぎや、売られ過ぎなどの強弱がある状態)を示す指標を言います。

オシレーターは、0~100、-1~+1、-100~+100のように一定の範囲で推移することが最大の特徴で、0ラインを挟んで上下に振幅するチャートになっています。株価の変動が「絶対評価」であるならば、オシレータ系指標は「相対評価」といえ、そのため株価の絶対水準とは無関係に売り買いのサインが表れます。マーケットの買われ過ぎや、売られ過ぎの過熱度を知るための指標として用いられることが多く、「センチメント指標」と呼ばれることがあります。

オシレーターは、一定の範囲での推移を示すものなので、相場がその範囲をこえた動きを見せた場合は、参照することがでず、オシレーターの弱点であるともいえます。オシレーターを指標として実践で使う場合にはこの点に注意が必要となります。

オシレーター系指標には、「モンタム」、「ディレクショナルムーブメントインデックス」、「ピポット」、「ストキャスティクス」、「%Rオシレーター」、「MACD」、「ROC」、「DMI」、「RSI」、「RCI」、乖離線などがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading