オプション取引

オプション取引
オプション取引(Stock Options)とは、特定商品を一定の期間内に決められた価格で「売買する権利」を売買する取引のことです。その売買の値段をオプション料またはプレミアムと言います。

オプション取引では、コールオプション(特定商品を一定量買い付ける権利)とプットオプション(特定商品を一定量売り付ける権利)の2種類が売買され、それぞれに買い手(ホルダー)と売り手(ライター)がいます。オプション取引の対象は貴金属から農産物、通貨、株式を含む金融商品まで幅広くあり、現物と先物があります。オプション取引には、リスクを回避(ヘッジ)する機能の他に少ない資金で大きな利益を得られるレバレッジ効果が期待できるといわれています。

日本の市場に上場しているオプション取引には、日経225オプション取引、日経300オプション取引、TOPIXオプション取引、国債先物オプション取引、株式オプション取引があります。日経平均やTOPIXなど、株価指数のオプションは、権利行使が取引最終日のみに可能な「ヨーロピアンタイプ」であり、権利行使がいつでも可能なタイプを「アメリカンタイプ」といいます。取引が終了する月を「限月(げんげつ)」と呼び、取引最終日は各限月の第2金曜日となっていて、決済方法は権利行使か反対売買となっています。

オプション取引は端的にいえば、投資とは違い、価格が安い時に特定商品を購入して、その後購入価格より高い価格で売却(空売り)。その後、売却値より安くなったところで買い戻すという、売買行為によって利益をあげることです。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading