公開市場操作

公開市場操作
中央銀行が金融市場で政府が保有する有価証券などの売買を行い、市中の通貨量を調整すること。金融政策のひとつです。英語ではOpen Market Operationと言います。

たとえば、景気が加熱気味の場合、日本銀行は保有する国債や手形などの有価証券を市場で売却します。これを「売りオペを行う」と言います。売却額は金融市場から吸い上げることになるので、市中の通貨供給が減少し、金融機関よる企業や個人への貸出が少なくなります。金利も上昇します。一方で、景気が低迷している時は、市場の資金量が減少しているので、金融機関が持っている有価証券などを購入します。これを買いオペと言います。金融市場に資金が投入されると金融機関からの貸出が増えるので、市中にお金が回ります。結果、金利も下がります。

このように、中央銀行が市中の通貨量を増減させることで、金利や物価を調整することができるのです。

中央銀行が市場を通じて民間金融機関と直接売買をするため、その時点での経済状況を中央銀行がどう判断しているのかを見極める材料になります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading