追加型投資信託

追加型投資信託
運用開始後でも買い増しができる投資信託のこと。オープン型投資信託とも言い、英語でOpen Investment Trustと表します。

投信の募集期間が終わり運用が始まってからでも購入することができます。運用期間中の売買は、申込日の基準価格で決まります。基準価格は日々変動するため、安値の時に買って高値の時に買うなど、タイミングを見ながら売買することができます。

投資対象により、株式に投資できる追加型株式投資信託と、株式に投資できない追加型公社債投資信託の2種類があります。さらに、運用後一定期間の追加購入はできるが、その後の追加は分配金による再投資かスイッチングしかできない限定追加型投資信託もあります。

追加型投資信託に対して、単位型投資信託という募集期間にしか購入できず一定の信託期間が定められている投信もあります。日本では単位型は数が少なく、追加型投資信託が主流になっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading