オープン型投資信託

オープン型投資信託
オープン型投資信託(Open Investment trust)とは、運用開始後も資金の追加調達が可能な投資信託のことを言います。

オープン型投資信託は、当初募集された信託資産の上に、自由にいつでも追加設定を行いながら、ひとつのファンドとして運用されていくものであり、一般的に信託期間が無期限または長期となっています。オープン型投資信託は信託期間が長期であることから、分散投資がしやすい、単一ファンドのために管理コストが軽減されるなどの利点があります。

また、日々の基準価額をもとに自由に売買が可能なため、投資家にとっては、ファンド決算時における分配金を目的とした資産運用ができるほか、相場の中で自分のタイミングを見ながら機動的に売買を行うことで売買差益を狙う資産運用が行える取引もできる商品となっています。

オープン型投資信託は、他に「追加型投資信託」や「オープンファンド」とも呼ばれ、オープンフェンドは基準価格で購入したり解約することができ、MMFなどがその典型といえます。 一般に契約型投資信託は「ユニット型投資信託(単位型投資信託)」と、オープン型投資信託のふたつに分けられます。現在の日本ではオープン型投資信託が主流となっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading