オープンエンド型投資信託

オープンエンド型投資信託
オープンエンド型投資信託(Open-end-Fund)とは、自由にいつでも資金の換金ができる投資信託のことです。

当該ファンドを保有する投資家から換金の要請があった場合には、発行者による買い戻しが保証されているため、ファンドの資金量に影響を与えて、不安定になることもあり得ます。

一般的に、換金する時は1日に1回確定する純資産価額(基準価額)に基づいて行われるようになっています。日本の契約型投資信託のほとんどは、基本的にオープンエンド型投資信託となっていますが、途中で換金することができない投資信託のことを「クローズエンド型投資信託」と言い、ETF(上場投資信託)や、REIT(不動産投資信託)などがあります。

オープンエンド型投資信託は、いつでも換金できることが特徴ですが、MRFなどを除く多くの投資信託は売却から換金までは数日かかる場合が多く、また最近は外国株や債券で運用するファンドも多くなっているため、日本が営業日でも海外が休日の場合などは、売買を受けつけないケースもあるので注意が必要です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading