公定歩合

公定歩合
日本銀行が民間の金融機関に貸出をする際の基準金利のこと。2006年に名称を「基準割引率および基準貸付利率」と変更したが、公定歩合のまま使われていることが多いです。英語ではOfficial Discount Rateと言います。

かつて民間の金融機関は、貸出資金の借り入れを日本銀行に頼っていたため、公定歩合は民間銀行から企業への貸出金利に直接影響を与えていました。公定歩合が下がると、銀行の金利が下がるので企業や個人が借りやすくなり、景気が上向きになります。反対に、好景気の時は、加熱を抑える目的で公定歩合を引き上げ、市中に流れるお金の量を抑える役割を果たします。

しかし、金融市場の自由化が進み、民間銀行がインターバンク市場から資金の調達を行うようになると、日銀の金融政策は公開市場操作へ移ってきています。そのため、公定歩合操作は現在、日銀の金融政策の方向性を示すアナウンス効果の役割を果たしていると言われています。

米国の場合は、連邦公開市場委員会(FOMC)が決めるFFレートが政策金利になっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading