オフバランスシート

オフバランスシート
オフバランスシート(Off Balance Sheet)とは、金融機関が行う取引の中で、バランスシート(賃借対照表)に計上されない取引のことを指し、「オフバランス取引」や「簿外取引」とも呼ばれます。

具体的には、「NIF引受」や「金利スワップ取引」、「貸付債券の譲渡」、「金融先物取引」、「企業の債務保証行為」、「リース取引」などが該当します。

金融機関から見た場合、自己資産比率規制の回避やROA(総資産収益率)の向上が見込めるため、1980年代から急増しました。しかし、オフバランスシートは企業の取引実態がつかめないという弊害も生み、近年では取引実態の透明な情報開示を求めるディスクロージャー強化の流れから、今までオフバランスシートとして認められていたものが、規制対象に盛り込まれるようになりました。オフバランス取引の代表となっていた「先物取引」や「スワップ取引」、「オプション取引」などのデリバティブ取引(金融派生商品)は、賃借対照表に記載されるようになりました。

最近でいう「オフバランス化」とは、政府を主導とした金融機関などの不良債権を、債券の売却による流動化や債権放棄などを推し進める場合に使われるようになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading