営業循環基準

営業循環基準
企業の主要な営業取引中の資産は原則として「流動資産」に分類されるという会計上のルールのこと。英語ではNormal Operating Cycleと表記し、「正常営業循環基準」とも言います。

営業循環基準では、現金や預金、受取手形、売掛金、棚卸し資産など、営業取引の過程にあるものは、現金化されるまでに1年以上のものでも流動資産に分類され、負債の方も支払手形や買掛金、前受金などは支払い期限が1年をこえるものでも流動負債になります。

たとえば、日本酒やウイスキー、焼酎などのように仕掛品である原酒の貯蔵期間がどんなに長くても、これらは流動資産に分類されます。

実際の資産、あるいは負債の区別にあたっては、まず営業循環基準を適用して、その後に1年基準を適用するという手順になっています。1年基準のことを「ワンイヤー?ルール」とも言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading