呼び値

呼び値
取引市場において売買する際に申し出る値段のことです。

呼び値とは「ティック」とも呼ばれ、価格変動商品の刻み値のことを言います。株価の呼び値は株価水準によって異なるため、株価が安いほど呼び値の刻みも小さくなり、株価が大きくなるほど刻みも大きくなります。

東京証券取引所における呼び値の一覧

2000円以下:1円

3000円以下:5円

3万円以下:10円

5万円以下:50円

30万円以下:100円

300万円以下:1000円

2000万円以下:1万円

3000万円以下:5万円

3000万円超以上:10万円

一覧にあるように、株価が高くなるほど呼び値も高くなり、これは、株価が大きくなることによる呼び値の(1ティックあたり)変動率があまりにも小さくなるのを防ぐ措置となっています。また、FX(外国為替証拠金取引)の場合は、米ドル/円なら、1.00米ドル、1.01米ドル、1.02米ドル、1.03米ドル???というように、「0.01(小数点以下2ケタ)」単位で移動をしていきます。この1通貨ごとの刻み値が呼び値と呼ばれます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading