無額面株式

無額面株式
株数が記載されているが金額表示のない株券のこと。英語でNonpar Stockと言います。

2001年の商法改正で額面株式が廃止され、現在企業で発行されるすべての株券が無額面株式になっています。一定株数を1単元として証券取引所での取引や、議決権を行使することができるようになりました。また、発行企業が一定株数を自由に変えることも可能になっています。たとえば、1000株を1単元とする企業の株価が100万円だった場合、定款を変更して500株を1単元にすれば、投資家は50万円で株式を取得することができるようになりました。

株券に記載されていた額面は、企業が最初に株式を発行した際の1株あたりの金額のことです。20円、50円、500円、50000円の4種がありました。株価は本来、会社の収益状態や景気動向によって変動するため、株の額面は意味をなしていませんでした。額面株式と比べ、最低発行価額の制限がないなどのメリットもあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading