ノーロード

ノーロード
投資信託を購入する際に必要となる販売手数料がかからないこと。英語でNo-loadと言います。

投資信託を保有するには、販売手数料、信託手数料などがかかり、その分が少なからず収益にマイナス影響を与えます。そのため購入手数料は極力安いもの、できれば無料が望ましいとされています。MMFをはじめとする公社債投信はほとんどノーロードになっています。 これまで投資信託を販売する際、証券会社や銀行は窓口で商品説明をしていましたが、ネット証券やネット銀行などインターネット系の金融機関は窓口業務をしない代わりに手数料無料ができるようになりました。それによって公社債投信以外の、インデックスファンドが増加しています。

販売手数料は、販売会社が設定できるため、同じ商品でも販売会社によっては販売手数料のかかる会社と、かからない会社があります。また、販売手数料が無料でも、信託財産留保額や信託報酬はかかるのですべてのコストが無料というわけではありません。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading