相対売買

相対売買
市場を通さず、売り手と買い手が直接交渉して売買する取引のこと。英語ではNegotiated Transactionという。

企業や個人がお金を借りる貸出取引の場合は、両者の間で個別に貸出金利や期間、担保の設定などの取引条件が結ばれます。株式の場合は、投資家から売買注文を受けた証券会社が市場を通さず自社が売り手、買い手になつて取引に応じる場合をいいます。

証券会社が投資家に委託されて市場などに売買注文を出し取引を成立させる委託売買に対して、相対取引は売り手と買い手が相対(1対1)で取引価格、取引量、決済方法などの売買内容を詰めた上で売買します。大量の株を売却する際など、相場に大きな影響を与えないで取引できるメリットがあります。

FX(外国為替証拠金取引)の場合は、FX会社とその顧客(トレーダー)が直接取引を行なうため相対取引となります。両者が折り合う金額や数量、期日で取引が成立するため、FX会社によって成立価格が異なることがあるので注意が必要です。

相対取引に対して、市場取引とはオープンなルールが定められた市場で、さまざまな投資家が参加して行なわれる取引のことで、株の売買で言えば、証券取引所を通じて取引が行なわれます。その際の株価は証券取引所のレートに従うため、証券会社への手数料以外、成立価格が異なることはありません。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading