ナスダック総合指数

ナスダック総合指数
米国ニューヨークにある全米証券業協会(NASDAQ)で取引されているすべての銘柄(約5,500)を、時価総額加重平均で算出した株価指数です。英語では、NASDAQ Composite Indexと言います。

ナスダック総合指数は、1971年2月5日を基準日として、この日の終了時点を基準値100としています。NASDAQには、マイクロソフトやアップル、インテル、デルなどのハイテク関連企業や、アマゾンやグーグル、ヤフーなどのインターネット関連企業が数多く上場しているため、比較的ハイテク株やIT関連株の業績動向を反映しやすく影響を受けやすいと言われます。また、ナスダックなどの米国の株式市場は、日本の株式市場のように株価の値幅制限制度である「ストップ高?ストップ安」が存在しないため、株価に大きな影響を与える業績の大幅な変化や、画期的な新商品の開発などの材料が発表になると、日本の株式市場では想像できないほど、大胆な株価変動を起こすことがあります。

ナスダック総合指数は、「ダウ平均」や「S&500」と同様に米国の代表的な株価指数であり、日本では「CFD(差額決済契約)」による株価指数取引が可能となっています。また、ナスダック総合指数のサブインデックスとして「ナスダック100指数(NASDAQ-100)」があり、ナスダック市場に上場している非金融業の時価総額の大きい上位100銘柄で構成される浮動株調整済時価総額加重平均方式の株価指数のことをを言います。この指数は1985年2月1日を基準日とし、この日の終了時点を基準値125として算出されます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading