ナンピン

ナンピン
株式購入後に値下がりしてしまった場合に、安い値段で同じ銘柄を買い増すことで、平均購入価格を下げることです。英語で、Averageと言います。

ナンピンとは「難平」をカナ書きにしたもので、難は損のことで、損を平均することがナンピンです。ナンピンには、相場が下落して評価損が出た場合に、さらに買付けを行う「ナンピン買い」と、相場が上昇して評価損が出た場合に、さらに売り付けを行う「ナンピン売り」の2つがあります。また、購入した株が買った値段よりも値下がりした時に同銘柄を買い増して買値の平均を下げたり、信用取引を利用して売却後に値上がりしてしまった時に売り乗せて売値の平均をあげることを「ナンピンをかける」と言います。他には、値下がりする都度に買っていくことを「ナンピン買い下がり」と言い、値上がりする都度に信用売りしていくことを「ナンピン売り上がり」と言います。

ナンピンは、手持ち銘柄が下落して含み損を抱えてしまった場合に、損切りを行わずに株価の値上がりを期待することで損失をカバーする手法ですが、下降トレンドでナンピンを繰り返すと、含み損が増加する危険もあり、相場の転換するまで資金が続かなければ失敗に終わります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading