日経300先物取引

日経300先物取引
大阪証券取引所に上場されている、日経株価指数300を対象とした先物取引のことです。

日経300先物取引とは、日本経済新聞社が算出し公表を行っている日経株価指数300を対象とした先物で、日経225先物と同じように、指数をひとつの銘柄と考えて売買を行います。取引単位は日経株価指数300の10,000倍を1単位とし、期限日の前に、その時点で定める価格で反対売買をすることによって、差金決済をします。期限満了で決済を行う場合は、SQ(特別精算指数)との差額を現金決済します。

1988年9月3日に大阪証券取引所が「日経225先物取引」を開始し、1994年2月14日に同じく大阪証券取引所が「日経300先物取引」を開始しました。取引手法は日経225先物取引と同じ扱いですが、日経225先物取引と比較して日経300先物取引は、より流動性の高い銘柄から構成されていて、採用銘柄数や算出方法が違うため、価格の動向も異なります。日経225とは、日本市場の東京証券取引所一部上場会社の代表的な225社の株価を合わせて指数化した株価指数のことです。日経225は、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式の中で225銘柄を対象としています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading