ミューチュアルファンド

ミューチュアルファンド
米国でもっとも一般的な投資信託の通称で、オープンエンド型投資信託のことを言います。

ミューチュアルファンド(Mutual Fund)とは、第2次大戦後に急速に普及し、今では米国の投信の代名詞となっています。ミューチュアルとは「相互に」という意味で、「ファンドの投資家は損益を相互に分かち合う」という概念が由来と言われています。ミューチュアルファンドは複数の投資家が資金を提供し共同で運用され、保有比率に応じて分配金が支払われ、自由に換金ができるオープンエンド型投資信託です。英国では「ユニット?トラスト」と呼ばれています。

1980年代後半からの米国の長期的な好景気を背景に、株式型を主体に資金が大量に流入し、1990代後半には純資産額が銀行預金残高を上回るまでになりました。確定拠出型年金の一種である401kプランといった年金の資金が、ミューチュアルファンドでの運用を増やしていることも残高の膨張に大きく関係しています。ミューチュアルファンドの運営は、投資会社と契約で結ばれたいくつかの会社によって組織的に行われ、運用は投資会社からの委託によって投資顧問会社があたります。投資顧問会社は投資会社の管理も行うなど、実質的な運営主体となっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading