移動平均乖離率

移動平均乖離率
移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれだけ離れているか(乖離しているか)を数値化した指標で、株価が移動平均線からどれくらい上や下に離れているかの離れ具合によって、株価の「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を判断する指標です。

「移動平均線」も指標のひとつですが、移動平均線だけを指標にして売買の判断を行なうと、価格が急変動した時に、トレンド転換の判断が遅れてしまう場合があります。「移動平均乖離率」は、株は上がりすぎれば下がり、下がりすぎれば上がっていくという考えに基づいて、株価が移動平均線から大きく離れたら(乖離)、「上げ止まる」、または「下げ止まる」というふうに、トレンド転換の判断の遅れの回避や、転換するタイミングを計るために考え出されました。

株価が移動平均線と同じなら、乖離率は0%となります。株価が移動平均線よりも上にある状態を「上方乖離」といい、逆に株価が移動平均線よりも下にある状態を「下方乖離」といいます。「上方乖離」の場合は、乖離率はプラスの値をとり、移動平均線からどれ位乖離しているのかで、価格が下げに転じるかの判断材料になります。また、「下方乖離」の場合は、乖離率はマイナスの値をとり、移動平均線からどれ位乖離しているのかで、価格が上げに転じるかの判断材料となります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading