山高ければ谷深し

山高ければ谷深し
上げ幅が大きいほど、その後の下げ幅もきつい、という投資の格言です。

大相場で急騰した株価が下げに転じた時は、利食い売りが殺到するため急落する可能性があります。人気化して高値をつけた銘柄は、さらなる多くの投資家の買いを誘い、急騰します。ファンダメンタルやテクニカル指標などからみると適正価格をはるかに上回っているのに、過熱した相場の渦中にいると投資家は冷静な判断ができないのです。高騰した銘柄がある時、何かのはずみで値下がりを始めると、利食い売りが殺到し、売りが売りを呼んで最後には投げ売りになる可能性があるのです。

相場は投資家たちの心理を色濃く反映するものですが、「山高ければ谷深し」という格言を常に意識しながら冷静に投資を行うことが大切です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading