物上担保債

物上担保債
社債の発行会社が保有する土地、工場、機械設備、船舶などの特定の物的財産に担保が付けられている債券のことで、担保付社債のひとつです。

物上担保債には、1銘柄の社債にひとつの担保が付けられた「1回発行式社債」と、複数の社債にわたって担保が付けられた「分割発行式社債」の2種類があります。物上担保債の発行を行う場合は、「担保付社債信託法」という法律に基づき、債券の発行会社と受託会社との間で信託契約が結ばれる。受託会社は、都市銀行や信託銀行、地方銀行などで、万一、発行会社が債券の償還ができないとなると、受託会社が担保権を行使し、社債権者にかわって担保保有権の処分を行うなどして元利金の支払いにあてる仕組となっています。

現在の社債のほとんどは無担保社債ですが、担保付社債には物上担保債の他に、特定の担保を付けなくても社債権者が社債の発行会社の全財産について、他の債権者よりも優先的に弁済される権利が付いている「一般担保付社債」があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading