通貨供給量

通貨供給量
国内に流通している通貨の総量のこと。英語でMoney Supplyと表し、英語のままマネーサプライとも言われています。景気の先行指数として広く使われています。

中央銀行をはじめとする金融機関から、個人や企業、地方公共団体へ通貨がどのくらい供給されているかが理解できる指標として利用されています。この通貨供給量には金融機関が保有する通貨は含まれていません。毎月日本銀行から発表され、国の経済活動が盛況か否か、先行きの見通しを見極められます。前年比の伸び率で判断されます。

一般的に通貨の供給量が増えると物価が上がり、増え過ぎるとインフレーションを招き、反対に供給量が減りすぎるとデフレーションを招くことになります。

日本では、現金通貨と預金通貨を合わせてM1、それに定期性預金を追加してM2、さらに郵便貯金と農協と漁協の預貯金を加えたものをM3と、それぞれ呼んでいます。これまで日本の通貨供給量は、M2に譲渡性預金(CD)を合算したM2+CDを代表的な指標として使っていましたが、郵政民営化に伴い、M3(マネーストック統計)が、新たな重要指標として注目されています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading