マネーストック

マネーストック
市中に出回っている資金流通量のことで、「通貨供給量」または「貨幣供給量」とも言います。

マネーストック(Money Stock)とは、従来「マネーサプライ」と呼ばれていたもので、金融機関(日本銀行を含む)全体から、経済全体にお金がどの程度供給されるのかを見る量的金融指標の典型的なものです。基本的には一般法人、個人、地方公共団体が保有する通貨量の残高を集計したものであり、国や金融機関などが保有する預金などは対象外となっています。マネーストックは毎月、日本銀行が調査をして公表しています。好景気の時は企業が設備投資などを増やすため、銀行から積極的に借入れを行い、その結果銀行から世の中にお金が流れマネーストックが上昇します。ただし、通貨量が増えすぎるとインフレを引き起こし物価が高くなる可能性があり、不況の時はその逆の状態になります。

従来のマネーサプライは統計の見直しが行われ、2008年から「マネーストック統計」となりました。どの範囲まで預金を通貨に含めるかで「M1(エムワン)」、「M2(エムツー)」、「M3(エムスリー)」、「広義流動性」の4つの指標に分けられます。M1とは、通貨(銀行券、貨幣)と預金通貨(要求払預金)を合計したもので、狭義の意味での通貨量を表しています。M2とは、M1に準通貨(定期性預金)を加えたものです。M3とは、M2に郵便預金、農漁協、信用組合などの預貯金を加えたものです。広義流動性とは、M3+CD(譲渡性預金)に代替性の高い金融資産を加えたものです。一般的にマネーストック統計では、M2+CD(譲渡性預金)が特に重視されており、この2つの合計の数字は実体経済や物価との間における関係が相対的に安定的であるとされるためです。

マネーサプライからマネーストックへの最大の変更点は、M1の対象金融機関がゆうちょ銀行などを含むすべての預金取扱金融機関に拡張された点です。2007年10月の郵政民営化に伴い、ゆうちょ銀行が銀行法の基づく国内銀行扱いとなり、他の銀行と区別する必要がなくなったことに対応したものです。変更後の新M2は、従来の『M2+CD」にほぼ対応していますが、ゆうちょ銀行の定期性預金などは含まれません。また、重要指標である従来の「M2+CD」は、マネーストック統計ではCDを含めて「M2」と呼ばれることになりました。新M3は、この新M2にゆうちょ銀行の定期性預金などを加えたもので、従来のM3+CDにほぼ対応しています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading