マネーリザーブファンド

マネーリザーブファンド
証券会社の総合口座の中で、銀行の普通預金のような役割をする投資信託のことです。英語では、Money Reserve Fundと言い、一般的には頭文字をとって「MRF』と呼ばれます。

マネーリザーブファンドとは、1997年10月に解禁された証券総合口座のためのオープン型の公社債投資信託です。証券会社の口座開設時にマネーリザーブファンドの申込み(選択)をしておくと、株や投資信託などに運用されていない資金が自動的にMRFで運用される仕組みになっています。最初の申込みを済まされば、それ以上の手続きを必要とせず、預かり金が運用されるという便利なシステムとなっています。例えば、証券会社の口座に200万円を預けておいて、100万円を株式などの運用に使った場合、残りの100万円を自動的にマネーリザーブファンドで運用してくれます。

マネーリザーブファンド自体は投資信託の一種であるため、建前上元本保証はありませんが、運用先が元本保証が付いた元本確定型の短期金融商品や短期債券などの安全性が高い商品ばかりのため、過去に元本割れをした事例がありません。利回りも確定しているわけではありませんが、一般的に銀行などの普通預金に預けるよりも若干高めの利息となっています。1円以上円単位で購入でき、毎日収益が計上されて、その収益を1ヶ月分まとめて再投資するシステムになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading