外貨建てMMF

外貨建てMMF
海外の投資信託会社が外貨で運用する投資信託のこと。MMFはMoney Market Fundの略です。

海外で格付けの高い国債や公社債、短期の金融商品などで運用する投信で、好利回り、元本割れリスクの少なさが魅力と言われています。毎日分配が行われ、月末には当月の配分金を元本に投入できる複利商品となっています。米ドル、ユーロという基軸通貨のほか、利回りのいい通貨の豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、南アランドなどで運用されるものの人気が高いです。

外貨建てMMFは外貨預金と比較されますが、為替手数料が安く、いつでも解約できる、外貨普通預金より利率がいい点がメリットとされています。

FX(外国為替証拠金取引)よりもリスクが少なく、外貨預金より手数料が安いということで、数ある外貨建て商品の中でも慎重に運用したい投資家に向いています。

高格付け、好利回りとは言え、為替変動のリスクはあるので、為替市場や世界経済の動向を注意深く見極める必要があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading