メザニン債

メザニン債
債券や不動産などを裏付けとし証券化したABS(資産担保証券)の発行において、信用力の最も高い格付けのシニア債と信用力の最も低い格付けのジュニア債の中間に位置する債券です。英語では、Mezzanine Bondと言います。

買収ファンドなどがM&Aの資金を調達する際には、限られた投資家からの出資額を最大限に活用するため、一般的には金融機関から融資を受けてレバレッジ(他人資本を使い、自己資本に対する利益率を高める)をかけます。金融機関からの融資方法としては、リスクとリターンの違いから「シニア債」、「メザニン債」、「ジュニア債」の3つに分類されます。

メザニンとは、本来「中2階」を意味する言葉ですが、金融証券用語としては通常の株式と債券の中間を指し、ミドルリスク?ミドルリターンであることを意味します。買収ファンドなどが金融機関から受ける通常の融資は、ほとんどがシニア債です。シニア債より信用力の低い債券をジュニア債といい、シニア債とジュニア債の中間に位置するものをメザニン債と呼びます。メザニン債はシニア債より利率が高い反面、原資産となっている債券やローンに債務不履行が生じた場合には、格付け順位の高いシニア債の方が元利金の支払いが優先され、その支払いを受けた後でなければメザニン債は元利金の支払いを受けることができません。シニア債やメザニン債は投資家に販売されることが多いですが、ジュニア債は対象資産の保有者が持ち続けることが多いと言われます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading