時価会計

時価会計
株や不動産などの資産を決算時の市場価格で評価すること。英語ではMarket Value Basisと言います。

毎期末に資産を再評価し、帳簿に記載されている前期との差額を評価益、評価損として損益計算書に計上する会計制度のことです。各国の会計基準の統一を目指す国債会計基準が制定されたことで、2001年3月期から日本でも段階的に導入が進められました。

日本は長らく企業と金融機関、関係企業同士が株を持ち合ってきたため、時価会計に消極的でしたが、取得時の価格と時価とで乖離が広がり企業の経営を帳簿上だけでは判断できないとの国際的な指摘が広がりました。

時価会計のメリットは、企業の財産の現状、債務返済能力を正確に表せる他、期間収益、費用を同一価格水準で表示できます。ただし、株式相場の影響を受けることになり、下落が長期化した際など含み損が広がり、財務悪化を招くことにもなります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading