一般信用取引

一般信用取引
一般信用取引とは、弁済の期限や金利などを、投資家と証券会社との間で自由に決められる信用取引を言います。

個人の信用を前提に、持っている持っている資金以上に株式投資を行うことが可能で、自身の資金?有価証券などを担保にして、証券会社からお金を借りて投資したりします。1998年に日本に導入され、原則として上場廃止基準に該当した株券以外の、内国法人の発行する上場株券が対象となります。

例えば、一般的な現物取引では、10万円しか資金がなければ10万円分の取引しか行えませんが、信用取引きを行えば自己資金の3倍程度まで株を買うことができるため、3倍の30万円の取引が行えることになります。このため、リターンは3倍になりますが、当然ながらリスクも3倍になります。

制度信用取引の弁済期間が6ヶ月と短期間に設定されているのに対し、一般使用取引は証券会社との間で期間なども自由に設定できることから、無期限信用取引と言われることもあります。また、一般信用取引は「資金」だけではなく、「株式」を借りることも可能です。これによって、保有していない株式でも売ることができるわけです。これを「信用売り」とか「空売り」と言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading