大底

大底
大底とは、取引相場や株価の安いところを「底」と言い、その中でも最も安いところを大底と言います。英語ではMajor Bottomと表します。

大底は、ある程度の期間や比較対象期間から見た場合の最も安値のことであるため、1日の変動の中での安値は大底とは言いません。大底の反対の言葉を「大天井」と言います。

大底以降は相場が上昇に転じるため、大底は買い局面を迎えることになります。相場の下落が続いている時に、これ以上下がることがないという「大底」を見極められれば、大底で株を買うことができ、100%に近い利益を出せるという理論になります。

ただ、大底がどの時点であるかは結果としてわかるもので、大底をリアルタイムに見極めることはなかなか難しいことと言えます。また、底となって上昇した相場が、前の大底の辺りまで再度下がってしまうことを「二番底」と呼びます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading