MACD(移動平均・収束・拡散手法)

MACD(移動平均・収束・拡散手法)
「Moving Average Convergence Divergence Trading Method」の略で、「移動平均収束拡散法」とも呼ばれます。
MACDとは2種類の移動平均の差であり、さらにMACDの移動平均を計算したものを「シグナル」と呼び、この2本の線をグラフ化します。
実際の計算には、MA(単純移動平均)ではなくEMA(平滑移動平均)を使用します。
算式: MACD=12日平滑移動平均-26日平滑移動平均
シグナル=MACDの9日平滑移動平均
※出来高は考慮していない点に注意する必要がありますが、わかりやすく判断のしやすい指標です。
一般的には、
  • MACDがシグナルを下から上へ突き抜けたときが、買いのサイン
  • MACDがシグナルを上から下へ突き抜けたときが、売りのサイン
と言われています。

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading