下値支持線

下値支持線
株価や為替が一定の幅で上下動を繰り返している時の、下値と下値とを結んだ下限のラインのことです。

株価が下値支持線の近くまでくると底を示し、そこから反発に転じて上昇トレンドを形成していきます。このため、下値支持線は相場や株価の下げ止まりを表す水準とされています。下値支持線を引くためには、上昇トレンドを形成する2つ以上の右肩上がりがあることが条件となり、その谷を(下値と下値)を結ぶことによって引きことができます。また、下値支持線がラインの下を抜けることがあると、その下値支持線が売りの「上値抵抗線」に変わり、下降トレンドを形成していく転換になることが多いと言われています。

たとえば、ある銘柄の株価が300円から400円の間で上下動を繰り返している状態であれば、300円が下値支持線になります。このように下値にくると株価が跳ね返されるのは、下値のところに「買い」がかなり集まっているためと予測されます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading