ロンドン銀行間貸し手金利

ロンドン銀行間貸し手金利
英国のロンドン市場における資金取引の銀行間平均貸し手金利のことを言います。英語では、、London InterBank Offered Rateと言い、頭文字をとって「LIBO(ライボ)」とも呼ばれます。

ロンドン銀行貸し手金利は、ロンドンのユーロ市場において主要優良銀行間の短期資金の貸出に付される金利で、英国銀行協会(BBA)により1日に1度ロンドン時間午前11時に発表されるレートです。複数行のレートを平均して計算されるレートは、指定16行に「対銀行貸出レート」をヒアリングし、上下4行の数字を除いた中8行の平均値として出されます。EUR、JPY、USDなどの通貨別や、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年などの期間別に表示され、国際金融取引の基準値にもなっています。

ロンドン銀行貸し手金利は、金融機関がユーロ市場において資金調達を行う際の基準金利として用いられ、特に3ヶ月物と6ヶ月物は短期金利の指標として注目を集めます。世界の金融市場ではロンドン銀行貸し手金利と同様の方式を採用しているところが多く、東京市場の「TIBOR(全国銀行協会発表)」、香港市場の「HIBOR』、シンガポール市場の『SIBOR」などが公表されています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading