クズネッツサイクル

クズネッツサイクル
建築物の建替え周期と重ね合わせた景気循環サイクルのひとつ。英語でKuznets Cycleと表し、建築循環と呼ばれることもあります。

クズネッツサイクルとは、建築投資の周期に着目した循環モデルで、約20年周期で景気循環が訪れるという理論です。米国の経済学者であるクズネッツが発見したことから、その名称がつけられています。

クズネッツサイクル意外の景気循環サイクルには、在庫投資の活動周期を原因とする「キチンサイクル(約40ヶ月)」、企業の設備投資の活動周期を原因とする「ジュグラーサイクル(約10年)」、技術革新を原因とする「コンドラチェフサイクル(約55年)」があり、いずれも発見した人物の名前がつけられています。

クズネッツサイクルが持つ、ある程度長期の期間は、循環の材料となるものが住宅やオフィス、工場などの建築物を対象としているだけに、物持ちがよく、減価償却も長いことから、景気循環サイクルも長い展開となっています。このため、好景気も長いというメリットもありますが、不景気も長いというデメリットも出てきます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading