日経平均ノックイン債

日経平均ノックイン債
仕組債の一種で、一定期間中の日経平均株価の終値によって、償還価格が額面100パーセントであるかどうかが決定される債券のことを言います。

日経平均ノックイン債とは、特別な条件として日経平均株価がある一定価格にならない限り、その債券は現金で額面償還されます。日経平均株価の終値が基準価格を一度でも下回った場合のことを、「ノックインする」と言い、参照期間内にノックインした場合には、日経平均株価に応じて一定の算出式によって償還額が決定されます。この場合は、通常投資している元本を下回る金額となります。

日経平均ノックイン債は仕組債の一種ですが、仕組債とは定期的に決まった利率で金利が支払われる債券とは異なり、特定の投資家のニーズに応じて金利や元本の支払い方法を柔軟に調節した債券のことです。仕組債では、さまざまな株式や為替を使って組成をすることで、投資家の希望に合った債券をつくることができ、個人の投資目的やリスクヘッジレベルに応じてオーダーメイドで債券を組成することも可能です。また、こうした仕組債は企業や団体などの資産運用にも利用されています。通常、金融業ではない会社では、株などの運用は禁止されており、資金運用については比較的安全な債券に限り許可されているところもありますが、このため仕組債なら「債券」という形で運用できることになります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading