キチンサイクル

キチンサイクル
不景気と好景気が約40ヶ月前後ごとに順番に訪れる短期の景気循環のサイクルのひとつです。

キチンサイクル(Kitchin Cycles)とは、企業の景気の先行きがよくなると、生産を増やし在庫も増えます。その結果、少しずつ生産性が落ちてきて景気も悪くなっていくという、在庫投資の活動サイクルに重ね合わせることができるという考え方で、アメリカの経済学者のキチンが発見したため、その名前がついています。キチンサイクル以外の景気循環サイクルは、設備投資を原因とする「ジュグラーサイクル(約10年)」、建築の建替え周期を原因とする「クズネッツサイクル(約20年)」、技術革新を原因とする「コンドラチェフサイクル(約55年)」があり、いずれも発見した人物の名前がつけられています。

キチンサイクル、ジュグラーサイクル、クズネッツサイクル、コンドラチェフサイクルの4つの波が一度に上昇に転じることを「ゴールデンサイクル」といいます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading