種類株式

種類株式
議決権や残余財産の分配?配当などについて、普通株式とは内容が異なる2種類以上の株式のこと。英語では、Classifield Stockと言います。

新会社法では、「種類株式」として9つの種類を規定しています。

1 . 余剰金の配当
2 . 残余財産の分配
3 . 議決権制限種類株式
4 . 譲渡制限種類株式
5 . 取得請求権付種類株式
6 . 取得条項付種類株式
7 . 全部取得条項付種類株式
8 . 株主の拒否権付種類株式
9 . 取締役?監査役の選解任種類株式

種類株式を発行するためには、定款で定める必要があります。株式会社を設立する時に同時に、種類株式を定款に定めることができます。新会社法では、これまではできなかった特定の種類株式のみに譲渡制限を設けることができます。例えば、株主総会の決議で拒否権を持つ拒否権条項のついた種類株式が、好ましくない株主に渡ってしまうと、会社の経営上不都合が生じる場合があるため、譲渡制限を設定して防止することができます。取得条項付種類株式は、一定の条件を満たせば会社が強制的に自社の株を取得できるもので、その際は定款を変更し、株主総会で3分の2以上の賛成が得られれば導入できます。全株主にこの株式を交付しておけば敵対的買収者が出てきた時に、発行会社は全株を強制回収することができます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading