株式投資の三原則

株式投資の三原則
株式投資をする時は、投資の三原則である「収益性」「安全性」「流動性」を考慮する必要があるというもの。

株式投資の三原則の中の収益性とは、大きく分けると「キャピタルゲイン」とインカムゲイン」の2つになります。キャピタルゲインとは、債券や株式など資産価値の上昇による利益のことで、インカムゲインとは株式投資の配当、預金や債券などの利息、投資信託などの収益分配金などの利益のことです。

安全性は、株式は高いリターンが期待できる反面リスクも高く、ハイリスク?ハイリターンの性質を持ち合わせています。安全性を高めるために不可欠なのが、情報公開(ディスクロージャー)の原理です。現在は、株式公開などの際はには、財務内容が厳しくチェックされ、公開後もディスクロージャーの徹底が要求されています。決済報告や、経営において株価に影響を与えそうなニュースがあった場合にも、直ちに公表することも義務づけられています。

流動性とは、売買のしやすさを表します。株式投資は日々市場で売買されているため、比較的流動性は高い金融商品です。株式投資における流動性で注意したいのは、出来高の少ない銘柄の取引です。売買の出来高が少ない銘柄を購入した場合、売りたいと思っても買い注文がないために売れなかったり、自分の売り注文で値段を大きく下げてしまうこともあります。こういう銘柄をたくさん購入することは、流動性リスクが高いといえます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading